ローン会社からお金を借り、様々な理由で借金を返済することが難しくなった場合、任意整理をすることができます。
任意整理は債権者と話し合いをすることによって、借金を減額してもらったり、利息を無くしてもらうなど、無理をせず借金を返済できるように調整をすることです。
任意整理をすることにより、払いすぎた利息、いわゆる過払い金が戻ってくる場合があります。戻ってきたお金で大幅に借金を減らすこともできるのです。
任意整理をした後は3年から5年で分割払いをし、借金を返済することとなります。任意整理後の5年間は新たな借り入れができなくなってしまうので、その点についてはデメリットとなってしまいます。
自動車ローンを組んでいて、そのローン会社との間で任意整理をした場合、自動車は没収されてしまうことになります。なぜなら、その自動車の所有者名義はローン会社になっているからです。
そのため、自動車の使用者という名義になっているローン債務者は、所有者であるローン会社に返却を求められれば、応じる義務が発生します。
以上のことから、自動車を手放すのであれば任意整理をしてもよいのですが、自動車を手放したくないのであれば、任意整理はせずに、ローンを返済しなければなりません。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。