今回は、任意整理の流れと必要な書類について述べていきます。まずは、債権者へ受任通知書が送られるところから始まります。
これは弁護士の場合、弁護士介入通知とも言い、内容は、借金整理は誰が受任したのかを明記し、今後一切本人には取り立てをしないようとの依頼を含んだものとなっています。今までの取引の履歴を開示するよう促すことも書かれています。
次の段階は、弁護士や司法書士が債権者から取引の経過を引き継ぎ、利息制限法にのっとって引き直しの計算を行い、和解案を作成します。
それができたら、次は各債権者と弁護士・司法書士が交渉をし、和解案を提示します。同意の場合和解、そうでなければもう一度和解案を作り直す作業が続きます。
交渉成立したら、その後ようやく返済を開始できます。これが大まかな流れとなります。
任意整理について相談をする場合には、身分証明書となる運転免許証や保険証、債権者一覧、借入先のクレジットカード、そして印鑑が必要です。
債権者については、わかる範囲で全て持っていくと良いです。具体的に、どの会社からどの程度借りて、どれくらい返済したかをまとめておくことが必要です。。借入時の契約書や明細等があるならそれも持っていくと手続きがスムーズに進みます。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。