債務整理の手段の一つに、任意整理というものがあります。安定した収入があれば利用できる制度で、借金の返済が厳しい状況にある場合、選択肢の一つとして選ぶことができます。
弁護士や司法書士といった代理人を通して、貸金業者と交渉してもらいます。借金の利息をカットするなどの手続きにより、毎月無理がない金額を返済できるようになるものです。
この任意整理をする際に気になるのは、生命保険の加入がどうなるかということです。生保へ加入していなければ、入院・手術時に困る場合があります。任意整理によって加入が制限されたり、解約しなければンラないという事態になっては困ります。
任意整理という方法の場合は、生保を継続して加入することができます。手続き前と任意整理中、任意整理後の過程において、日常生活が変わることはほとんどありません。また、既契約以外に新たな保険へ加入することも可能となっています。
関係あるものとしては、銀行や貸金業者などの融資を行う金融機関です。信用情報に記載されることになるので、新たな借り入れが数年間難しくなるなどの不利な点はあります。
注意しなければならないのは、自己破産や個人再生に整理方法を変更した場合です。積立型の生保は解約返戻金が高額になる場合があり、解約しなければならない可能性が出てきます。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。