任意整理をして借金を圧縮するにあたって、マイホームをなるべく失いたくない人はいるはずです。自分の家を残しながら債務整理を希望するのであれば、個人再生という債務整理の方法で対処してください。個人再生は、簡単に言ってしまうと住宅ローンを除く借金を今の1/5もしくは100万円の多い方に圧縮する方法です。
このように言われるとわからないという人も出てくる可能性もありますが、もし500万円の住宅ローン以外の債務があったとします。この場合、100万円だけを返済すれば問題なく残りの400万円に関しては借金がなかったことになるわけです。1000万円の借金の場合には、1/5の200万円だけの返済をすれば債務返済が終わったことになるわけです。
ただしこの個人再生による債務圧縮の方法を適用するためには、条件があります。まず返済をするにあたって、圧縮された債務を返済するまでに3~5年間でめどの立つことです。そしてもう一つは、住宅ローンを除く債務額が5000万円以内でないといけないという条件です。
個人再生の場合、自宅が残りますが住宅ローンもそのまま残ってしまうことも忘れてはなりません。ただし金融機関によっては救済措置として、返済期間の延長に対処してくれる場合もあります。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。