ここでは、それぞれの違いというものをケースによって分けて解説していきます。任意整理の場合、返済の有無に関しては、3年から5年で返済する必要があります。返済額があまり減らないのが特徴です。そして、財産の処分に関しては、債権者を選ぶことができるので、財産を処分する必要はありません。また、任意整理では債権者ごとに同意が必要となるので気を付けるべきです。
一方、民事再生では、返済の有無に関しては任意整理と同じく3年から5年の間で返済をする必要がありますが、100万円から債権総額の10分の1以上まで、などと返済額を減額することができるのが特徴になります。これは大きなメリットになります。
財産の処分については、財産の総額以上を返済した場合に限り、財産を処分する必要はありません。これは条件付きというところでデメリットと感じる方が多いです。また、債権者の同意については、小規模の個人再生の場合、半数以上の同意が必要となります。しかし、給与所得者などの再生については同意を得る必要はありませんのでご注意ください。
過払い金返還請求の場合にも債権者の同意を得ることは必要ですが、もし裁判になり、勝訴した場合に限りその同意は必要ありません。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。