返済が難しい債務を整理する手段として、任意整理があります。この手続きをする前に、保証人がどの様な立場になるのか知っておくと良いです。この手続きを行う前に、十分に相談をする必要があります。理由としては、この手続きを行うと、信用情報機関でその内容が記載されるからです。その他に、債務者と共に手続きを行う弁護士もしくは司法書士への代理依頼が必要になります。
債務者が、手続き後に債権者に返済をしない場合に請求をされる場合があります。理由としては、合意書に特約をつけない限り、責任があるからです。この様に多くの影響を及ぼすので、手続きは慎重に行う必要があります。債務者本人が、この手続きを行う債権者を選択する事が可能です。
この手続きができる条件として、毎月の返済が可能な安定した収入がある事になります。その他に、返済を必ずするという債務者の意思も重要な条件です。
この手続きを行うメリットは、利息のカットが可能になる事です。もし利息制限法に定められている以上の利息を含めて支払っていた場合には、その分を差し引いて債務が計算されます。一般的には、元本のみの返済をする事で合意が可能です。債務を圧縮する事で、将来的に支払う金額が減ります。

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。