任意整理とは、借金問題を解決する手段で、債務整理の一つを指します。裁判所が関与することは一切なく、司法書士などの法律の専門家に委託することで成り立ちます。
返済不可能となった借入人に代わり、司法書士が債権者と返済の方法・返済額などについて交渉してくれます。返済可能になるように、現在より良い条件で合意するよう、手続きすることを意味しています。
この方法は、債務整理の中でも最も利用する人が多いものです。借入先が高金利である場合、かなり借入金を減らすことができます。
貸金業者の中には、利息制限法の上限金利を超える金利で取引するところがあります。その場合は、利息制限法による引き直し計算を行って、過去に過払いしている利息を元本に充てるよう交渉します。その結果、借金額を減らすことができるのです。
この手続きをすれば、借金の完済が早まるというメリットがあります。取引期間が長い場合、過払いの可能性が高いため、減額が可能となるケースが多いです。複数の貸金業者と取引がある場合は、一部だけに適用させることが可能という利点もあります。
ただし、手続きしてから約5年程度は新たな借り入れは不可能というデメリットもあります。この手続きに応じてくれない貸金業者が増えているのも不利な点と言えます。
沖縄01 沖縄02